緊張する自分も受け入れよう!

ヴァンクール音楽院
Pocket

空が少し秋らしくなったように感じますが、

まだまだ残暑が厳しいですね。体調には気を付けてお過ごしくださいませ。

発表会まで3カ月となりました。

おそらくプロの演奏家でも、ステージに上がり何百人もの人を前にして、少しも緊張しない人はいないのではないでしょうか。

緊張に慣れる為には、どうしているんだろう。。。。ふと、疑問に思い、KOTAKI先生に聞いてみました。

緊張に慣れる為の方法をいくつかご紹介します。

是非、お試しくださいませ♪

・家で練習する時に、空気の張り詰めた本番の舞台をイメージし、緊張感をもって演奏してみる。

・誰かに聴いてもらう。(その場にいてもらうだけでも違うとか)

・自分の演奏を動画で撮ってみる。

如何でしょう・・・

何度もこれを繰り返すうちに、いざ本番になっても、その緊張感が既にインプットされているため、

急に緊張で心が乱れたりパニックになったりすることがなくなるそうです。

sct1_pht04

緊張する自分も受け入れて、良い緊張感で最高の演奏が出来ます様に、、、